菅官房長官「コメント控える」=米国のWHO脱退示唆

 菅義偉官房長官は20日の記者会見で、トランプ米大統領が世界保健機関(WHO)からの脱退を示唆したことに関し、「米国政府による個別政策の検討状況や対応について日本政府としてコメントは控える」と述べるにとどめた。その上で、「今回のような世界に甚大な影響を与える感染症に対してはWHOを中心に国際社会が一致して対応すべきであり、WHOが適切に機能するよう各国とも協力していきたい」と語った。 【時事通信社】