臨時交付金、3兆円を=2次補正で公明提言案

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う2020年度第2次補正予算編成に向けた公明党の提言案が20日、明らかになった。地方創生臨時交付金について3兆円規模の積み増しを求め、そのうち別枠として家賃などの事業継続支援に特化して1兆円規模を確保するよう求めた。

 家賃支援に関しては、事業所数などに応じ大都市部に重点的に配分することも盛り込んだ。21日に正式に決定し、22日に菅義偉官房長官に申し入れる日程で調整を進める。 【時事通信社】