国民投票法案、採決行わず=衆院憲法審

国民投票法案は採決行わず

 衆院憲法審査会は21日の幹事懇談会で、28日に審査会を開き、国民投票法改正案やCM規制の在り方をめぐり自由討議を行うことを正式に決めた。審査会の開催は今国会初めてで、討議は昨年11月28日以来半年ぶり。同改正案について、与党は今国会成立を目指しているが、野党が採決を前提とした開催には応じられないと主張したため、28日の審査会では採決を行わないことで合意した。 【時事通信社】