与野党「第2波」懸念、警戒継続を=緊急事態宣言

 新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が京都、大阪、兵庫で解除され、収束の見通しが出てきたことを受け、与野党幹部からは21日、「第2波を招いてはいけない」(枝野幸男立憲民主党代表)などと対策の緩みを警戒する声が上がった。

 枝野氏は「医療機関に対する財政的な支援を十分確保しなければならない」と強調。国民民主党の玉木雄一郎代表は「経済対策も緩んではならない」と語った。

 共産党の志位和夫委員長は「検査態勢の強化をやっておく必要がある」との認識を示し、日本維新の会の馬場伸幸幹事長は「第2波に対応できる態勢をつくっていくべきだ」と訴えた。

 一方、自民党の岸田文雄政調会長は「感染拡大に備えながら生活していく基本は変わらない」と指摘。公明党の斉藤鉄夫幹事長も「感染拡大への注意は続けていかなくてはいけない」と述べた。 【時事通信社】