政府、南スーダン司令部派遣を延長

 政府は22日の持ち回り閣議で、国連南スーダン派遣団(UNMISS)司令部への要員派遣の期間を来年5月31日まで1年延長することを決めた。日本は国連平和維持活動(PKO)協力法に基づき2011年から活動を続けており、現在は4人の自衛官が情報分析や補給などの任務に従事している。 【時事通信社】