国家公務員法改正、廃案で調整=政府・与党が方針転換

国家公務員法改正、廃案で調整=政府・与党が方針転換

記者会見する菅義偉官房長官=22日、首相官邸

 政府・与党は22日、国家公務員の定年を65歳に引き上げる国家公務員法改正案を廃案にする方向で調整に入った。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う民間の雇用環境の急速な悪化を踏まえ、見直しが必要との判断に転じた。

 菅義偉官房長官は22日の記者会見で、「新型コロナでこの法案を作った時とは状況が違っているのではないか。そうしたことも踏まえて検察庁法の改正部分も含め検討が必要だ」と指摘した。

 国家公務員法改正案は検察庁法改正案などと一本化した「束ね法案」として国会に提出された。検察庁法改正案への世論の反発を受け、今国会成立を断念。秋の臨時国会で成立を図る方針だった。 【時事通信社】