塚本三郎氏死去、93歳=旧民社党委員長

 旧民社党委員長を務めた塚本三郎(つかもと・さぶろう)元衆院議員が20日、老衰のため名古屋市の自宅で死去した。93歳だった。同市出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は長男剛(つよし)氏。

 中大法卒。国鉄職員を経て1958年衆院選旧愛知2区で旧社会党から初当選。その後、民社党結党に参加し、当選10回。同党書記長を経て85年に委員長に就き、国会で自民、公明両党と連携する「自公民路線」を進めた。リクルートコスモス未公開株の譲渡に絡み、89年に委員長を辞任した。

 民社党議員らが参加して94年に発足した新進党には加わらず、自民党に入った。96年衆院選に同党から出馬したが落選、2000年に政界を引退した。 【時事通信社】