政府、野口英世賞見直しへ=有識者懇、年内に提言

政府が野口英世賞見直しへ

 政府は16日、アフリカでの医学研究や医療活動で顕著な功績を収めた研究者らを表彰する「野口英世アフリカ賞」について、運営の改善などを話し合う有識者懇談会の初会合を首相官邸で開いた。これまで約5年ごとだった授賞式を、アフリカ開発会議(TICAD)の開催に合わせて3年ごとに変更することに伴い、新たな選考基準や広報の在り方などの提言を年内にまとめる方針だ。

 安倍晋三首相は席上、2022年にチュニジアでの開催が決まったTICAD8について、「新型コロナウイルス感染症はアフリカでも流行が拡大している。保健・医療分野は重要なテーマになる」と指摘した。 【時事通信社】