名古屋刑務所技官がコロナ感染

 法務省は1日、名古屋刑務所(愛知県みよし市)の30代の男性法務技官が新型コロナウイルスに感染したと発表した。男性は7月29日の勤務後に発熱し、30日にPCR検査を受けて31日に陽性と判明した。収容者や他の職員に発熱など感染が疑われる症状は出ていないという。 【時事通信社】