安倍首相、「アベノマスク」着用せず

 安倍晋三首相が1日、マスクの種類を変えた。7月31日までは、政府が新型コロナウイルス対策として各世帯に2枚ずつ配布し「アベノマスク」と呼ばれるようになった布製を着用していた。しかし、1日は顔を覆う面積が広いタイプのマスク姿で首相官邸に出勤。首相周辺によると、同じ布製だが福島県で作られたもので、復興支援の意味合いがあるという。

 首相が31日まで使用していた布製は、春先にマスクが深刻な品薄に陥ったことを受け、首相自身が「洗って再利用できる」とPR、率先して着用してきた経緯がある。今後に関して首相周辺は「今までのものも使うと思うが、いろいろなものを着けると思う」と語った。 【時事通信社】