金融庁、野村証券に報告命令=顧客情報流出先にも

 野村証券の法人顧客情報が日本インスティテューショナル証券(東京)に流出した問題で、金融庁が両社に対し、金融商品取引法に基づく報告命令を出したことが11日、分かった。情報管理の実態や漏えいの経緯を明らかにするとともに、再発防止と顧客保護の徹底を求める。

 野村の発表などによると、日本インスティテューショナルに勤務する元野村社員が、かつて部下だった野村社員に対し、1〜7月にかけて複数回にわたって接触。法人顧客275社分の取引内容などの情報を入手していた。 【時事通信社】