こんな優しい長官いない=菅氏、「強権」イメージ払拭図る?―自民総裁選

 「真面目に仕事をやってくれる人には、こんな優しい官房長官はいない」。菅義偉官房長官は12日のインターネット動画サイト「ニコニコ動画」の討論会で、自身についてこう語った。「安倍1強」政治の番頭として霞が関ににらみを利かせ、強権的なイメージもあり、払拭(ふっしょく)する思惑もありそうだ。「パンケーキだとか、甘いものが好き」とも語った。

 討論会では、総裁選に出馬する3氏が互いを「褒め合う」場面も。菅氏は石破茂元幹事長について、「非常に心の広い人。本当の意味の政策通だ」と評価。岸田文雄政調会長に対しては「周りに敵をつくらない人。非常に評判が良く、ある意味で一番見本としなくては駄目だ」と語った。

 これに対し、石破氏は菅氏について「7年8カ月も官房長官が務まるだけでも大変なことだ」とたたえ、岸田氏も「鉄壁の答弁で失言をしない。絶大なる信頼を得ている」と絶賛した。 【時事通信社】