解散「すぐかもしれない」=麻生氏

 麻生太郎副総理兼財務相は13日、新潟県新発田市で講演し、自民党総裁選で菅義偉官房長官が勝利し新内閣が発足するとの見方を示した上で、衆院解散・総選挙の時期について「下手したらすぐかもしれない」と述べた。

 麻生氏は「どのみちやらなければ国民の審判を受けていない内閣だとかいろいろたたかれるのは目に見えている」と指摘した。

 自身は首相当時、リーマン・ショックの影響で解散に踏み切れなかったと振り返り、「結果としてわれわれの内閣は大敗することになった。タイミングは極めて大事だ」とも語った。 【時事通信社】