関係改善へ出方注視=安倍路線「継承」を警戒―韓国

 【ソウル時事】韓国は「戦後最悪」とされる日韓関係の改善の契機となるか、菅義偉自民党総裁の出方を注視する構えだ。ただ、菅氏は元徴用工問題をめぐって文在寅政権と鋭く対立した安倍政権を中枢で支えてきただけに、警戒する見方も出ている。

 国民大学の李元徳教授は韓国紙・東亜日報に対し、菅氏は「安倍晋三首相より実用主義的だ」と指摘。韓国政府のアプローチ次第では、日本側の出方も変化し得るとの見解を示した。

 ただ、菅氏が討論会で安倍政権の外交政策を引き継ぐ姿勢を打ち出していることから、韓国政府関係者は「韓日関係が大きく変化することはなさそうだ」と語る。文政権は新内閣の布陣などを見極めた上で関係改善の糸口を模索するとみられる。 【時事通信社】