菅総裁がポスター撮影=首相指名控え、日程こなす

 自民党の菅義偉新総裁は首相指名を午後に控えた16日早朝も、日課の散歩を欠かさなかった。国会近くのホテルでの打ち合わせを経て、首相官邸で臨時閣議に出席し、安倍内閣は総辞職。この後、自民党本部に移動して新総裁としての写真撮影に臨むなど、慌ただしく日程をこなした。

 菅氏が宿舎を出発したのは前日と同じく午前6時40分すぎ。ジャケットは羽織らず、白いワイシャツ、ノーネクタイ姿で黙々と歩きだした。通行人の女性から「お忙しいですね。体に気をつけて」と声を掛けられると、会釈を返した。時折、汗をぬぐいながら約35分間の散歩を終えた。車に乗り込む際、沿道で手を振る人に気付き、手を挙げて笑顔でお辞儀した。

 ホテルで秘書官と打ち合わせした後、官邸に移動して臨時閣議に臨んだ。官房長官として出席する最後の閣議。菅氏は「新内閣発足までの間、地震等の緊急事態が発生した場合は現内閣で対応する必要がある。関係閣僚は引き続き万全を期すように」と発言。危機対応に手抜かりがないよう引き締めを図った。

 党本部に向かうと、約15分間、広報ポスター用の写真を撮影。拉致被害者救出のシンボルカラーである青いネクタイを着用した。昼すぎ、第99代の首相に指名される衆参両院本会議に出席するため、国会に向かった。 【時事通信社】