林元文科相、衆院くら替え検討=自民

 自民党の林芳正・元文部科学相(参院山口選挙区)が、次期衆院選で山口3区からの出馬を検討していることが分かった。関係者が17日、明らかにした。山口3区には現職の河村建夫元官房長官(二階派)がいるが、林氏は党の公認を得られなくても出馬を辞さない構え。

 林氏は農林水産相や文科相を歴任。先の総裁選で次点となった岸田文雄前政調会長率いる岸田派で座長を務めている。17日、記者団の取材に「(くら替えの)意向を固めたという事実はない」とする一方、「10年くらい前から地元では期待があった。期待に応えて精進したいと言い続けてきた」と意欲をにじませた。 【時事通信社】