ベルリンの少女像、動向注視=加藤官房長官

独少女像動向を官房長官注視

 加藤勝信官房長官は14日の記者会見で、ベルリンに設置された慰安婦を象徴する少女像が当面撤去されない見通しとなったことについて、「ドイツ国内の司法手続きであり、政府としては今後の動きを見守っていきたい」と述べた。

 加藤氏は慰安婦問題の最終的・不可逆的解決を確認した日韓合意を踏まえ、「政府の考え方や取り組みをさまざまな形で説明していきたい」と語った。 【時事通信社】