尖閣周辺、年内にも環境調査=加藤官房長官

 加藤勝信官房長官は15日の記者会見で、環境省が年内にも沖縄県・尖閣諸島沖の自然環境の調査を検討していると明らかにした。自然環境を把握するため全国を対象にした調査の一環で、加藤氏は「過去に作成した植生図の更新や、希少な野生動物であるアホウドリなどの生息状況に関する調査を最新の人工衛星画像を用いて実施する予定だ」と説明した。 【時事通信社】