GoTo見直し「遅すぎ」=立憲幹事長

GoTo見直し 福山氏「遅い」

 立憲民主党福山哲郎幹事長は22日のフジテレビ番組で、政府が需要喚起策「Go To」キャンペーンの運用見直しを決めたことについて「発表のタイミングが遅すぎた」と批判した。「時期も対象も、キャンセルした場合の状況も、まだはっきりしない。混乱する」と語った。

 これに対し、自民党の野田聖子幹事長代行は「良い意味で君子豹変(ひょうへん)ということで、ブレーキをかけ、アクセルを踏むことを、繰り返していかなければならない」と擁護した。

 公明党の山口那津男代表は広島市内で記者団に「妥当な姿勢だ。これ以上、感染が拡大しない流れをつくり出すことが大事だ」と述べた。 【時事通信社】