都議選予想 小池都知事が刺客に送り込む美女軍団に自民撃チン

都議選予想 小池都知事が刺客に送り込む美女軍団に自民撃チン

(提供:週刊実話)

 東京都議選まで2カ月を切り、各党がいよいよ動きを活発化させる中、最大の注目は、やはり小池百合子知事率いる都民ファーストの会の動向だ。
 「ゴールデンウイーク前までに37人を公認し、9人の推薦を決めた。ウリは何と言っても、この時点で15人の公認が決定している美人揃いの女性候補。それぞれの選挙区では自民党候補の首を狙う刺客として、無党派層を中心に支持を拡大しています」(都政記者)

 その筆頭は、小池氏もイチ押しする茜ケ久保嘉代子氏(41)。杉並選挙区(定数6)での出馬予定だ。福岡県生まれで、地元の名門私立高校から東大農学部に入学。卒業後は日本IBMなど外資系企業勤務の経歴を持ち、現在はキャリアアドバイザーの顔を持つ。
 「すでにトップ当選の予測まで聞こえてくる。杉並区は都知事選でも、小池氏の12万票に対し自民の推した増田寛也氏が7万票、鳥越俊太郎氏が6万票と、ほぼダブルスコア。都議選でも同じような状況になると見られています」(同)

 次に注目されるのは、墨田選挙区(定数3)から立候補予定の成清梨沙子氏(27)。女子御三家とも呼ばれる私立雙葉中学、高校から東大経済学部へ進み、在籍中に公認会計士試験に合格。卒業後は、大手監査法人に勤めている。
 「一児の母で身長165センチのモデル体形。千代田区在住ながら、都議選のために墨田区へ移住するという力の入れようです。同区はこれまで、自民2、公明1の指定席だったが、成清氏の殴り込みで自民の1人がアウトになる可能性が高い」(地元区議)

 また、「現時点で自民は3議席あるが、風向き次第ではゼロの可能性もある」(地元区議)という世田谷選挙区(定数8)も、大波乱が予想されている。
 同区は無党派層が大半を占めるとされる。'09年の都議選で、自民党は当時の民主党ブームの煽りを受け1議席のみとなったが、'13年はそのブームが去り3議席を占めた。一方で都知事選で小池氏は、ここでも20万票超えを獲得している。
 「その世田谷区に都民ファーストは、東北大理学部を卒業し東芝に入社、3Dテレビの研究で'10年にはウーマン・オブ・ザ・イヤーを受賞している福島理恵子氏(46)が立候補予定。さらに、他にも複数の候補を擁立する動きもあり、またもや自民はその割を食いそうなのです」(選挙コンサルタント)

 小池氏は中野選挙区(定数3)にも女性候補者を立てる。同区は小池氏が都知事就任後、初登頂した際に“握手も撮影も断った都議会議長”として一躍有名になった、自民党の川井重勇氏の選挙区だ。
 「そこへ送り込まれるのは、荒木千陽氏(35)。'11年に小池氏の秘書となり、同居してまで尽くしてきた女猛者です。父親は熊本県議で政治家の血も引く。これに川井氏は戦々恐々です」(前出・都政記者)
 そもそも川井氏は、前回の'13年の都議選ではトップ当選を果たしているが、'09年は得票数4番目で滑り込みの当選。しかも今回の都議選で同区は、定数が1つ減って3となるため、荒木氏の立候補により弾き出される可能性が大だという。

 異色の女性刺客としては、南多摩選挙区(定数2)からの出馬予定で、歌手のleccaこと、斎藤礼伊奈氏(38)がいる。
 「早大政経学部卒。大学時代から模擬国連大会にも出席するなど、政治に興味を持っていたという。同選挙区は、'13年の選挙で日本維新の会から出て当選した石川良一氏が、その後、民進党に合流し、今回は民進党を離党して小池新党の推薦を受ける。この2人であっさり決まってしまうのではないか」(自民党関係者)

 これらの刺客の面々に、下村博文都連会長をはじめ自民党サイドは焦りを隠せない。
 「都議会自民党のドン・内田茂都議の千代田区(定数1)に、都民ファーストは元警視総監の長男の樋口高顕氏を立てる。一方の自民党は引退する内田氏の後継選びに大苦戦していた。千代田区で負ければ“小池氏の前に敗北した自民”の象徴になりますからね。そこでようやく、慶大卒で金融関係勤務の中村彩氏(27)が“美人候補”として決まった。内田氏のイメージの払拭と同時に、女性候補者の活躍を打ち出したいようだが、同じ土俵で戦っても仕方がない、という声も内部から聞こえてくる」(同)

 しかも自民党は、千代田区、港区、新宿区の票集めを狙い、これらを地盤に持つ与謝野馨元財務相の復党を認めるなど、なりふり構わぬ動きを見せている。
 「与謝野氏は離党してから7年しか経っていない。自民党の原則では、復党は離党から10年で、露骨なゴリ押しです。有権者にしてみても、突然、与謝野氏が現れ、候補者の応援をしたところで、今さら“?”なのではないか」(同)

 都民ファーストの会の目玉女性候補者は他に、元テレビ朝日アナウンサーの龍円愛梨氏(40=渋谷区)や、フジテレビ社員の入江伸子氏(54=港区)も控え、さらに増える見込み。
 くノ一部隊を前に自民党は撃チンを迫られる。

関連記事(外部サイト)