「フードバンク」で生活困窮者を支援 知事「食品ロス削減にも意味」

 黒岩祐治知事は14日、規格外食品などを引き取って生活困窮者らに届ける「フードバンク」活動を後押ししていく考えを明らかにした。民間団体同士のネットワークづくりを進めて自主的な活動を支援し、食品関連企業にも周知や支援を呼び掛ける考えを示した。

 同日開かれた県議会本会議で、県進会の菅原直敏氏(大和市)の代表質問に答えた。黒岩知事は「生活困窮者をきめ細かく支援するためには、民間団体との連携を進めることが重要」「いわゆる食品ロスの削減にも意味がある」と述べた。

 フードバンクは、品質に問題はないものの廃棄される食品を企業などから譲り受け、困窮家庭などに提供する民間主体の取り組み。県によると、すでに県内14自治体の生活困窮者の総合相談窓口が、フードバンクの活動団体と連携しているという。