急増のエステ店、野毛地区で査察 横浜市消防局と伊勢佐木署

急増のエステ店、野毛地区で査察 横浜市消防局と伊勢佐木署

是正指導を受け、エステ店の看板を店舗敷地内へ移動する従業員=13日午後6時15分ごろ、横浜市中区野毛町2丁目(画像を一部修整しています)

 横浜市消防局と伊勢佐木署などは13日夜、同市中区の野毛地区で、エステ店やスナック、居酒屋など約171店舗を消防法に基づき合同査察した。41店舗で避難経路の障害物設置や避難器具の維持管理不良など計48件の違反を発見、是正指導した。

 同署によると、野毛ではこの2、3年に中国人やフィリピン人などが経営するエステ店が増加し、現在は約25店を確認している。過去には性的サービスを実施するケースもあった。同署の捜査員は外国人経営者や従業員の身元を確認し、「留学生がアルバイトしているケースもある。継続して査察し、浄化を進める」と話した。