現職・高山氏が無投票で再選 伊勢原市長選

現職・高山氏が無投票で再選 伊勢原市長選

高山松太郎氏

 任期満了に伴う伊勢原市長選が18日告示され、無所属で現職の高山松太郎氏(66)以外に届け出がなく、高山氏が無投票で再選を果たした。同市長選の無投票当選は2000年以来、16年ぶり。

 高山氏は前回選挙の争点となった財政再建や、市内最大の観光地・大山への観光客誘致などを1期目の実績として強調。2期目は、新東名高速道路のインターチェンジの完成を見据え、「市街化区域を広げ、工業団地を開発することで、税収増を目指したい」などと訴えていた。

 無投票当選を決め、高山氏は「1期4年間、進めてきたことを土台として、2期目の4年間を頑張っていきたい」と意気込みを語った。

 高山氏は12年9月、3選を目指した現職らを破り、初当選した。