「まちづくり着実に」 座間、遠藤市長3期目抱負

「まちづくり着実に」 座間、遠藤市長3期目抱負

3期目の抱負を話す遠藤市長=座間市役所

 任期満了に伴い9月18日に告示された神奈川県の座間市長選で、無投票で3選を果たした遠藤三紀夫市長(58)は3日、市役所で就任会見を行った。遠藤市長は「2期8年の経験を基に、座間市にとって身の丈に合ったまちづくりを着実に、堅実に推進していきたい」と、3期目の抱負を述べた。

 1期目から携わってきた第4次総合計画(2011〜20年度)については、「丹念に市民の意見を聴き、議会とも入念にすり合わせをしながら総合計画に沿ったまちづくりをすることが課せられた使命だと考えてきた」と振り返った。その上で、「地道に、背伸びすることなく確実に果たしていける約束を履行していく」と強調した。

 2期連続の無投票当選については、「耳をそばだてて市民の中に入り、考えや悩みを聴いて合意形成して政策立案した手法が市民に信任していただいたと受け止めている。これを踏襲しながらさらに深めたい」と話した。