「受動喫煙防止法」19年までに成立を 無所属・松沢氏

 無所属の松沢成文氏(参院神奈川選挙区)が6日の予算委員会で、2019年ラグビーワールドカップ(W杯)と20年東京五輪・パラリンピックの前に受動喫煙防止法を成立させるよう政府側に求めた。

 知事時代に受動喫煙防止条例を制定した松沢氏は、東京五輪以前の各開催都市と同等の「禁煙、罰則付き」法令が日本にも必要と指摘。法律の周知期間を含め、19年に間に合わせるために「来年の通常国会に法案を提出、成立させる方針か」とただした。

 塩崎恭久厚生労働相は「東京五輪やラグビーW杯までに受動喫煙防止対策を講じ、実効性が着実に担保できるよう可能な限り早急に準備を進めたい」、安倍晋三首相は「立法措置も含めて検討したい」と答弁した。