薬剤師会と市がタッグ 薬物乱用対策

薬剤師会と市がタッグ 薬物乱用対策

協定を締結した相模原市の加山市長(左)と市薬剤師会の小川会長=相模原市役所

 若い世代を中心に深刻な社会問題となっている薬物乱用の対策を協力して進めようと、相模原市と市薬剤師会(小川護会長)はこのほど、協定を締結した。

 薬剤師の専門的な知識や経験を生かし、薬物乱用の危険性を広く社会に訴えるため、独自のリーフレットを作製する予定。また、薬剤師会から講師を派遣して薬物乱用防止教室を開催していくという。

 協定締結式で加山俊夫市長は「それぞれが持つ情報や知識を積極的に活用し、
効果的な啓発事業を展開することにより、市民の薬物の危険性に関する知識と理解を深めたい」と話した。