自由民主党入りがピンチの細野豪志氏に、まさかの「国替え」の噂!

細野豪志氏の自民党入りがピンチか 田畑毅氏のスキャンダルで『国替え』の噂も

記事まとめ

  • 無所属の細野豪志氏が自民党二階派に入会し、自民党入りを目指していることが判明した
  • しかし田畑毅氏に醜態発覚、辞職すれば細野氏出馬予定区で自民繰上げ当選となる可能性
  • 二階俊博幹事長も細野氏を応援しづらくなり、細野氏が『国替え』するのではとの噂も

自由民主党入りがピンチの細野豪志氏に、まさかの「国替え」の噂!

自由民主党入りがピンチの細野豪志氏に、まさかの「国替え」の噂!

旧民主党のプリンスだった細野氏も、最近は民進党離党→希望の党立ち上げで総スカン→無所属で存在感なし……と厳しい状況

「細野さんも今回のスキャンダルは想定外。今頃、頭を抱えているかもしれません」(自民党議員秘書)

昨年4月、民進党と希望の党が合流して誕生した国民民主党には入らず、無所属となっていた細野豪志(ごうし)衆議院議員。先日、無所属のまま自民党二階派に入会し、自民党入りを目指していることが発覚した。

ところが、その前途に赤信号がともり始めたという。原因は、"魔の3回生"と呼ばれる自民党当選3回組から、またも噴出したスキャンダルだ。これが回り回って、細野氏を悩ませている。

先日、二階派所属の田畑 毅(つよし)衆院議員が準強制性交容疑で告訴され、離党届を提出した。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が言う。

「スキャンダルの内容がひどすぎ、とても離党だけで済むとは思えない。捜査次第ですが、おそらく議員辞職に追い込まれることになるでしょう」

細野氏にとって大問題なのは、田畑議員が辞職すれば、自民元職の吉川 赳(たける)氏が繰り上げ当選することだ。吉川氏は、あろうことか次期衆院選に細野氏の選挙区である静岡5区から出馬予定の政治家だ。

「静岡5区は全国でも数少ない自民議員ゼロの空白区なんです。細野さんは次の衆院選に無所属のまま出馬し、その5区で8回目の当選を決めれば、もともと自民現職のいない選挙区だけに入党もスムーズに進むと考えていたはず。

ところが、吉川さんが繰り上げ当選して現職議員となった場合は、そうはいかない。もし選挙に勝っても、『自民の現職議員を落選させた細野をなぜ入党させるのか』と、吉川さんが所属する岸田派などから絶対反対の声が相次ぐはずです」(前出・自民秘書)

前出の鈴木氏もうなずく。

「こうなると、二階俊博幹事長も表立って細野氏の応援はしづらい。選挙支援は現職優先というのが自民党の不文律だからです。つまり吉川氏が繰り上げ当選すると、細野氏は次期衆院選で二階派の支援が期待できない上、たとえ独力で当選しても"敵"と見なされるということです」

そこで注目されるのが、細野氏の去就だ。前出の自民秘書がささやく。

「ここにきて、細野氏が静岡5区以外から出馬するかもしれないとの噂が党内で乱れ飛んでいます。例えば、前回衆院選で金子恵美氏が落選した新潟4区など、野党が強い自民空白区です。こうした選挙区なら、細野さんが出馬しても党内から遺恨の声は出ませんから」

前出の鈴木氏も「国替え」はありうると言う。

「細野さんは滋賀県出身で、静岡5区には落下傘候補として出馬しただけ。本当の地元ではありません。本人も"元祖パラシューター"とよく自称していました。それだけに、新しい選挙区にさほど抵抗はないのでは? おまけに全国どこの選挙区でも当選できる知名度もありますから」

民主党政権では環境大臣など要職を歴任し、将来の首相候補と称されていた細野氏。なりふり構わぬ国替えで自民党入りとなれば、ますます"政界渡り鳥"のイメージが定着してしまいそうだが......。

写真/時事通信社

関連記事(外部サイト)