これぞ「ザ・お役所仕事」。防衛省が開示した、完全"のり弁(黒塗り)"状態の行政文書

これぞ「ザ・お役所仕事」。防衛省が開示した、完全"のり弁(黒塗り)"状態の行政文書

防衛省サマによると、不開示部分の理由は「これを公にすることにより、検討内容が推測され、率直な意見の交換または意思決定の中立性が不当に損なわれる恐れがある」からだという

「これが開示文書? 情報公開制度をナメてんのか!」

と思わずにはいられない完全"のり弁(黒塗り)"状態の行政文書である。出してきたのは、わが国の防衛省。

そもそも筆者がこの行政文書の開示請求をしたのは、昨年12月、防衛大臣の記者会見を主催する防衛記者会(記者クラブ)が「フリー記者の参加も認める」と決定したことがきっかけだ。

ようやく会見がオープンになると聞き、フリー記者たちは連日のように問い合わせを続けたが、防衛省は3ヵ月以上も「検討中」を繰り返し、まったく動く気配がない。

そこで3月6日、筆者は防衛省に行政文書の開示を請求。5月7日にようやく「一部開示」が決定され、同20日付で3枚の文書が送られてきた。

ところが読めるのは、日付と「防衛省記者会見への『フリー記者』の参加について」という表題、そして「1.経緯」「2.現状」「3.検討」といった項目名のみ......。

見事なまでの「ザ・お役所仕事」なのであった。

●畠山理仁(はたけやま・みちよし)
フリーランスライター。興味テーマは選挙と政治家。『黙殺 報じられない"無頼系独立候補"たちの戦い』(集英社)で第15回開高健ノンフィクション賞受賞

取材・文/畠山理仁

関連記事(外部サイト)