小池知事定例会見2月24日(全文1)快適通勤ムーブメントを今年の夏から実施

小池百合子都知事が快適通勤ムーブメントの実施を発表 民間企業などに時差通勤を促す

記事まとめ

  • 東京都の小池百合子知事が定例会見で快適通勤ムーブメントの実施を発表した
  • 満員電車の混雑の緩和に向けての実施で、快適な通勤を体験してもらうことが目的
  • 2020年の東京五輪を見据えて継続的に実施、民間企業などに時差出勤を促す

小池知事定例会見2月24日(全文1)快適通勤ムーブメントを今年の夏から実施

小池知事定例会見2月24日(全文1)快適通勤ムーブメントを今年の夏から実施

小池知事定例会見2017年2月24日(THE PAGE編集部)

 東京都の小池百合子知事が24日午後2時から定例会見を行う。

 22日に開会した都議会での施政方針演説で、小池知事は2020年東京五輪・パラリンピックの仮設施設の整備費について「都も負担する」ことを検討すると表明。豊洲市場問題では、都議会が百条委員会の設置を決め、石原慎太郎元知事らの証人喚問の日程を協議する。

 今夏の都議選をめぐっては、小池氏系の候補が過半数に迫るとの見方が報じられている。

快適通勤ムーブメントの実施について

朝日新聞:ただ今から小池知事の定例記者会見を始めます。では最初、知事からお願いします。

小池:皆さん、こんにちは。それでは定例記者会見、始めさせていただきます。まず、ご協力いただいております東京大会オリンピック・パラリンピックのメダルの材料となります都市鉱山。8日間でこういう形ですけれども、4600個を超えるご協力をいただいております。そしてお持ちいただいた方には、こういう私からのお礼状というか、お礼カードをお渡しするということでございます。引き続き、ご協力のほどお願いを申し上げます。

 今日は私のほうから5つ、ご報告をまずさせていただきたいと存じます。まず満員電車の混雑の緩和に向けまして快適通勤ムーブメント、これを実施することといたしました。この満員電車の混雑緩和というのは社会の生産性向上のための重要な課題であります。そこで多くの方々に快適な通勤を体験してもらう、効果を実感してもらうということを目的に快適通勤ムーブメント、これを今年の夏から実施をすることといたします。このムーブメントへの参加について広く呼び掛けを始めていきたいと思います。2020年の大会を見据えて継続的に実施をしていくことといたしております。

 これは具体的には鉄道を利用する方々、民間企業の皆さんに時差出勤、フレックスタイム、テレワークなどをお願いすると。それと、鉄道事業者の方々には、例えば協力してくださる方にはポイントを付与して、それで豪華景品が当たるとか、いろいろ工夫をされておられます。それから混雑の見える化などに取り組んでいただくということを期待しております。

 またこうした取り組みに積極的に参加される鉄道事業者や民間企業の皆さまに対しては表彰制度を設けると、こういったことを考えております。ゴールデンウィークの前後に快適通勤プロモーション協議会、これは関係者の方々にご参加いただいて、それをベースにしていろんな知恵を出し、そして快適通勤ムーブメントへの協力を呼び掛けてまいります。

 それから物理的に輸送力の増強などのハードの整備も重要であります。例えば小田急さん。小田急線では来年3月に都の連続立体交差事業で、これと一体となりました複々線化が完成するということ。それから西武鉄道ではベビーカーなどをお使いの方々が、そのまま安心・安全に利用できるパートナーゾーンというそうなんですけれども、ベビーバギーを押しながら、そのまま入れるといったような新型の通勤車両が今年3月、もう来月ですけれども導入されるということで、ハードとソフトと、それから利用者と事業者、それから企業や組織ですね。例えばフレックスタイムを導入するであるとか、テレワークを導入するであるとか、主体となる方々が非常に多いんですけれども、そこをつなぐ協議会をつくるという、こういうご報告でございます。

東京都総合教育会議開催について

 2番目でありますけれども、教育に関してであります。3月の9日に今年度で3回目の東京都総合教育会議を開催いたしますので、そのお知らせであります。テーマが教育管理職の確保についてということであります。これは実は結構、深刻な問題となっておりまして、都内の公立学校、特に小、中ですね。副校長のなり手が不足をしているという事態であります。女性教員が今、全体の5割強を占めるようにもなりました。一方で管理職選考の受験者が少ないと。先生、教師はするけれども、でも管理職にはなりたくないという方も多いという現実であります。

 そこで通常のメンバー、つまり私と、それから教育委員会のメンバーに加えまして、現場の方々からもお話を聞こうということで5名の都内の公立小中学校の校長、副校長、教員の方々にご参加いただくということで教育現場についてお話を伺うこと、それをベースにして解決策を、方向性を見いだしていきたいというものでございます。ちなみに、東京大改革の一環で都庁の職員のご意見、ご提案を伺うという目安箱にも、これは都庁の職員としての先生なので、ほとんどが都立高校になりますけれど、そこからも目安箱に寄せられる件数は極めて多いですね。教育現場におけるさまざまな悩みというのを直接、私のところに届いております。教育の現場、教育の中身もさることながら、やっぱり教職員の人たちが働く環境、これをしっかり整えていくことが必要かと思います。

 3番目でありますが、今度は島嶼、島の課題であります。東京には素晴らしい島々、宝物のようにあちこち位置しているわけでありますけれど、そこをもっと磨きをかけようということで、東京宝島推進委員会を開催いたします。あの素晴らしい景観であるとか、ホエール、イルカ、ホエールウオッチングができるとか、海洋資源にも恵まれておりますし、くさやとか、特産品などもあります。こういった宝物にあふれている、その宝島をもっともっとブラッシュアップをしていこうということで、ブランディング、マーケティングなどの専門家からなります、東京宝島推進委員会を立ち上げることといたします。これによって島嶼の活性化を図るというものであります。

 メンバーについてはご覧のとおりでございまして、1回目の委員会は3月の9日の木曜日、都庁で開催することといたしております。島の方々は素晴らしい自然であるとか、素晴らしい、いろんな文化っていうのは毎日住んでいると意外とこんなものだと思われがちですけれども、それは実は大変な宝物だというふうに、いろんな専門家から、そういった宝物を掘り出して、そしてそれを磨いて、マーケティングして、ブランディングをしてということで島嶼地域を活性化していきたいという考え方であります。

 ちなみに私、沖縄担当大臣をしておりまして、39かな、有人諸島があるんですけれども、それぞれからやはり同じように名産品を掘り起こして、そこに磨きをかけてということはすでに行ってたところでございます。チーズとか、それからミミガーとか、なんかいろいろ本当に沖縄の素晴らしい物産を、より磨きをかけて販路を確保するといったようなことをこれまで、沖縄担当時代にやっておりました。それの東京の島版であります。

市販車での燃料電池バスによる都営バスの運行開始について

 それから今度はがらりとテーマが異なりまして、日本で初めての市販車での燃料電池バスによる都営バスの運行開始についてお知らせをいたします。交通局でありますけれども、これまで燃料電池バスの技術開発に協力をいたしてまいりましたが、それがいよいよ実を結ぶということであります。それで市販化される、燃料電池バスを2台導入したところでありますけれども、これを運行開始に先立って3月6日の月曜日、バスの整備場、そして水素ステーションなども視察すると同時にこのバスに私も試乗しようという、皆さんもどうぞお乗りください。で、営業の運航日ですけれども、3月の21日の火曜日から、東京駅から銀座、勝ちどきなどを経まして東京ビッグサイトに至るルートとなります。

 で、この燃料電池バスの導入の今後の見通しでありますけれども、2020年、つまり東京大会までに都営バスを含めまして、都内で100台以上の燃料電池バスの導入を目指しております。まさしくスマートシティの実現の一端を担ってくれるかと思います。都営バスについては最大70台の導入を考えて、目指しております。

公立大学法人、首都大学東京の理事長の人事について

 5番目でございますが、公立大学法人、首都大学東京の理事長の人事についてお知らせをいたします。これまで勤めてこられました川淵三郎現理事長ですが、任期が今年の3月末をもって満了ということになっております。そこで後任といたしまして、慶應義塾大学の名誉教授の島田晴雄先生を任命することといたしました。島田先生は国際派のエコノミストとして幅広く活躍されておられ、そしてまた千葉商科大学の学長のご経験もお持ちでいらっしゃいます。大学の経営についても優れた見識をお持ちであるということから今回の就任への要請になりました。

 学長さん、上野学長ですね、などと協力をしながら国際都市東京としての強みを生かして首都大学東京ならではの魅力をさらに高めていくことを期待するところであります。なお川淵現理事長ですが、この4年間大変ご尽力を賜りました。あらためて感謝を申し上げたいと存じます。担当は総務局でございます。

 以上、私のほうからのご報告は以上の5点とさせていただきます。じゃあ幹事社さんどうぞ。

【連載】小池知事定例会見2017年2月24日 全文2(https://thepage.jp/tokyo/detail/20170224-00000001-wordleafk)へ続く