小池都知事が緊急会見 豊洲汚染対策問題で報告(全文1)主要棟下に盛土なし

小池都知事が緊急会見 豊洲汚染対策問題で報告(全文1)主要棟下に盛土なし

小池都知事が緊急会見 豊洲汚染対策問題で報告

 東京都の小池百合子知事は10日午後5時から緊急会見を行った。

 NHKの報道によると、築地からの移転先になっている豊洲市場の土壌汚染問題で、東京都は高さ約4.5メートルの盛り土をして対策したと説明していたが、主要な建物が建つ部分では、実際には盛り土がされていないことが分かったという。

 築地市場移転をめぐっては、先月末に小池都知事が、来年1月に公表される地下水モニタリング調査の結果を確認すべきだとして、移転延期を表明している。

豊洲市場の主要部分に盛り土が行われていなかった

司会:ただ今から小池知事の会見を始めます。初めに知事から発言がございます。その後、質疑応答を行います。それでは知事、お願いいたします。

小池:突然のお呼び掛けとなりました。豊洲市場の建物の下の土壌の安全性について、今日はお時間を頂戴いたしまして、私からご報告、会見をさせていただきます。これまで新市場につきましては、まだ地下水のモニタリングが2年間の採水もまだ行われていないという話、これをずっとさせていただいてまいりましたけれども、いろいろな方面からの情報を頂戴いたしまして、その中で、建物の下の土壌の安全性に問題があるのではないかとのご指摘をいただいております。そしてこのことによって安全性、もう一度あらためて確認をしたいと、このように思いますし、またなぜそのような疑問が出ているのかについて、今日は土曜日ではございますけれどもさまざま確認を、いまだにしている部分もございますが、取り急ぎ皆さま方にご報告をさせていただきたいと思います。

 土壌汚染対策といたしましては、この法律に基づいて汚染した土壌を取り除いて盛土をすると。盛り土をするということを説明してきたところでございます。で、これが、この部分が2メーター、ここの部分をきれいな土に入れ替えて、そしてさらに2.5メーター、合計4.5メーター、きれいなこの土を盛っていきます。盛り土、盛土をいたしますと、このようにしてきたわけでございます。それからこちらのほうはちょっと大きいんですけれども、このように「疑問解消BOOK」ということで、いろいろと情報公開には努めていたということでございまして、こちらの図のほうもこちら、11ページのほうに記載をされているということでございます。

 しかしながら、これだけいろいろと情報公開はしてきたということではございますけれども、しかし青果棟、水産棟などにおきまして、実はこの4.5メーターのこの盛り土が行われていなかったのではないか、そして、それはいったいどうなっているのかといったような疑問が出てきたわけでございます。確かに盛土した地面の上に、ここの部分が、ここが建物ですね。ここの部分が抜けていると、4.5メーター分、抜けているではないか。結局、空間になっている。中にはいろんな配線、配管などが行われているというようなことでございまして、つまりこれまでの情報公開など、説明してきたのと事実は違うという、そのようなご指摘などでございます。

 この問題につきまして、深いところにある、汚染土壌がある部分については、その土壌を除去してきれいな土壌で埋め戻しているわけでございますけれども、しかしほかのところが、このところと同じように全てが盛土がされていると、入れ替えた上で盛土がされているというのは、このさまざまな情報といいましょうか、現状においてはそれは正しくないということでありまして、ここで訂正をまずさせていただきたいと思います。

 ただ汚染土壌を除去して、その上に厚めのコンクリートを敷いているということで、建物の地下の土壌汚染対策の安全性についてはいかがという問題があるわけです。つまり空間になっているけれども、そこに厚いコンクリートを敷いてふたをしたということによって、それで安全性がいったい確保されているのかどうかということなんですが、ずっとこの間、土壌汚染などについて、平田先生という専門の先生をヘッドにする、そのような会議がずっと開かれてきて、その議事録などはみなさんもご覧になることができます。ところが、この平田先生が率いる専門家会議っていうのは、ここの部分を、ふたをした床で、コンクリートでもってふたをしたことについて、それで安全性が確保できているのかどうかということを確認する前に、そもそもその専門家会議を終えてしまっていて、解散してしまったというような、これは私は行政的な問題であろうと、このように思っております。

新たな問題について専門家とプロジェクトチームを動かしていく

 ということで、オーソライズされていないというのが、今日の一番の大きな問題であろうと、このように思っております。よって、じゃあどうするかでありますけれども、この件については別途あらためて専門家の方々に判断をしていただくと。これはもともとこの土壌問題について長い間、専門家の会議を開いていただいてきた平田先生にももう一度あらためてお伺いをしなければなりませんし。平田先生にしても、全然違う前提でもっての、ここのところにふたをしているという状況についてはたぶんご存じないのではないかというふうに思うんですね。よって、そういった状況の中で、この専門家の会議として、これで安全なのかどうかというのはもう一度聞いてみないといけないということだと、私、そのように理解したところでございます。

 いずれにいたしましても、これまで土壌汚染対策として巨額なお金が投じられてまいりました。858億円というとてつもないお金でございます。今、「海の森」のそこの工事現場で、かつては70億円ぐらいだったのが、それが7倍になってるじゃないかという話。これだけで約500億円の話ですけれども、もうこちらのほうはすでに858億円、土壌対策だけでお金をつぎ込んでいるわけでございまして、タックス・ペイヤーズ・マネーを考えますと、こちらのほうは、さらには食の安全ということも鑑みますと非常に大きな問題だと思います。

 いずれにいたしましても、しっかりとこれからの専門家の会議、それから来週、私は定例の記者会見がございませんで、リオのほうにまいりますけれどもPT、プロジェクトチームを立ち上げることとなっております。今、ご参加いただく方々の出仕、それぞれお務めになっているところのファイナルな許可などを待っているということで、まだ皆さま方へのご報告が済んでおりませんけれども、いずれにいたしましても、早期にそのプロジェクトチームを立ち上げといいましょうか、スタートさせていただいて、そのなかには建築、そしてまた土壌問題、そういったそれぞれの専門家の方、小島、青山学院大学の先生をヘッドといたしまして、このプロジェクトチームを動かしてまいりたいと考えております。

 以上、このように、行政の手続き的な問題、それから情報公開しても正しい情報を伝えていたのかという問題、それぞれ今、市場の担当者、それから少しさかのぼりますので、当時の担当者などにも話を聞かなければならないと、このように思っております。いずれにいたしましても、何か次から次からいろんな課題が出てきて非常に悩ましいところではございますけれども、やはりこれによって食の安全に対しての消費者、そしてこの場で働く方々、そういった方々が本当の意味で安心できるのかどうか。オリンピック・パラリンピックのために必要な道路はいったいどうなるのか。総合的に1つ1つの問題、解決をしていきたいと。というか答えを出して、そして取り組んでまいりたいと思っております。

 こういった問題は、あとから出てくるよりも、今どんどん出していこうというぐらいの気持ちでおります。さもなければ、結局あとからさかのぼってどうだったとかいうのは私はかえってまずいし、それから急がば回れだと思っておりますので、いずれにいたしましても、これについてもしっかりと取り組んでいきたいと、このように思っております。私のほうからは以上でございます。

司会:それではご質問のある方は挙手をお願いいたします。指されたら社名とお名前を名乗ってご質問をお願いいたします。じゃあ、2列目の中から4番目の。

【連載】小池都知事が緊急会見 豊洲汚染対策問題で報告 全文2へ続く