盛り土を含め「いろんな可能性を検討」専門家会議の平田座長が会見

盛り土を含め「いろんな可能性を検討」専門家会議の平田座長が会見

[写真]会見する専門家会議の平田健正座長

 東京・豊洲新市場の主要棟の地下で、土壌汚染対策の「盛り土」が行われていなかった問題で、都が再設置する専門家会議の平田健正座長(放送大学和歌山学習センター所長)が17日、都庁で記者会見を開いた。前提条件が崩れたので「再検討が必要」と述べ、今後の対策としては盛り土も含めていろんな可能性を検討するとした。

当事者の市場関係者に説明すべきだった

 平田座長は2007年に設置された前の専門家会議でも座長を務めていた。小池百合子都知事が緊急会見を行う直前の10日朝、都から盛り土が行われなかったとの知らせを受けた際、平田座長は「盛り土がされていなかったんだ」と驚き、「これはまた専門家会議が招集される」という直感が脳裏をよぎったという。

 当時の専門家会議では検討をの結果、2008年7月に建設用地の土を深さ2メートル除去し、その上に汚染されていない土を4.5メートル分盛る、という土壌汚染対策を都に提言した。しかし、その後の工事では青果、水産卸売場などの主要施設の地下で盛り土が行われず、「空洞」状態になっていたことが判明した。

 盛り土が行われなかったことについて、提言をどう生かすかは都の裁量とする一方、「盛り土があるという前提がなくなったのだから、あらためて現在の安全性チェックが必要」と述べた。さらに、「提言内容と違ったことを行うなら、まっさきに市場関係者へ情報を開示するのが大事。話をする順番を間違えてはいけない」として、移転の当事者である築地市場の関係者への配慮が足りなかったとした。

 専門家会議では今後、(1)地下空間の状態の確認と評価、(2)リスク管理上必要な対応策の検討、に取り組む。なぜ盛り土が行われなかったのかについて、都から説明を求めた上で、「改めてどうすべきかを議論するのが大きなミッションの1つ。盛り土も含めていろんな可能性を検討する」と見通しを語った。ただこれから持ち土をするのは物理的に難しいだろうと述べた。

 専門家会議には、同じく16日に設置が発表された市場問題プロジェクトチーム(PT)の小島敏郎座長(青山学院大学国際政治経済学部教授 弁護士)もオブザーバーとして参加する。PTは土壌汚染、建築物、経済性の3テーマの調査研究を行う組織で、土壌汚染に関しては専門家会議の議論を踏まえて取り組みを進める。平田座長は、「小島先生にも会議に出席してもらった方が、プロジェクトチームヘの説明も容易になるので結構と思う」と述べた。

 専門家会議および市場問題プロジェクトチームのメンバーは以下の通り。

<専門家会議>
◎委員
平田健正(放送大学和歌山学習センター所長)※座長
駒井武(東北大学大学院環境科学研究科教授)
内山巖雄(京都大学名誉教授)
◎オブザーバー
小島敏郎(青山学院大学国際政治経済学部教授 弁護士)
◎事務局(※予定)
中島誠(中央卸売市場 国際航業フェロー)

<市場問題プロジェクトチーム>
◎専門委員
小島敏郎(青山学院大学国際政治経済学部教授 弁護士)※座長
井上千弘(東北大学教授)
菊森淳文(ながさき地域政策研究所長)
佐藤尚巳(佐藤尚巳建築研究所 代表取締役)
竹内昌義(東北芸術工科大学デザイン工学部教授)
時松孝次(東京工業大学環境・社会理工学院教授)
森高英夫(日本建築構造技術者協会長)
森山高至(一級建築士 一級施工管理士)

(取材・文:具志堅浩二)