鈴木宗男・元衆院議員の記者会見(全文1)北方領土問題、必ず応じてくれる

鈴木宗男・元衆院議員の記者会見(全文1)北方領土問題、必ず応じてくれる

鈴木宗男・元衆院議員の記者会見

 政治団体「新党大地」の代表を務めている鈴木宗男・元衆議院議員が28日午後3時から、東京の外国特派員協会で記者会見をする。

 北海道出身の鈴木宗男氏は、北方領土問題について「段階的返還論」を主張している。また、今年の12月に日ソ共同宣言から60年を迎えようとしている。

北方領土問題について

鈴木:皆さん、ただ今、大変丁寧な紹介をいただいたことで恐縮している鈴木宗男であります。久しぶりに外国特派員協会に来まして、私は気が弱いもんですから、ちょっと、今緊張しております。私が最もこの日露関係で頼りにしたり、あるいは信頼している1人に元外務省にいた、この佐藤優という男がおります。今から25年前、この佐藤さんと出会ったとき、私はエストニアのタリンで佐藤さんと別れるとき、日露をやりたい。まだ当時はソ連でしたけれども、日ソを動かしたい。どうしたらいいかっていったら佐藤さんは1年に1回モスクワに来てください。私の持っている人脈を全て鈴木先生に紹介しますと言ってくれました。私は約束どおり1年に1回はもちろんですけども、2回、3回、モスクワに通ってさまざまな人間関係を築いてきました。佐藤さんは10年後にはトップに会いましょう、こんな話も25年前したものです。

 10年後まさに私はロシアの大統領選挙に当選したプーチン大統領と、当選後10日目にクレムリンで会談することができて、森、日本の総理との首脳会談の日程をセットしたものであります。皆さんご案内のとおり森、プーチン、この両氏の人間関係は極めて良好で日露関係がぐっと動いたときだと思います。私は今でもイルクーツク声明がこの北方領土問題解決に一番近づいた首脳会談だったと思っています。このイルクーツク声明の1カ月後に日本では森さんから小泉総理に政権が代わりました。

 当時、田中眞紀子さんが外務大臣になり、日露関係の原点は田中・ブレジネフ会談だとこう言って、いわゆる冷戦時代の、領土問題がないとソ連が強く出ていた時代に時計の針を戻してしまいました。田中さんの後を継いで外務大臣になった川口順子さんは、森総理が提案した、いわゆる並行協議。歯舞、色丹島を具体的に日本に返してもらう。国後、択捉がどちらに帰属するか、日本、ロシアですね。この協議をしようと。いわゆる並行協議の提案、車の両輪論を言ったんですけども、これは日本のほうから、この川口大臣が断ってしまいました。

 プーチン大統領は政権が代わると政府の方針も変わってしまうのかと大きな戸惑いを持つと同時に、あの当時、私もこの権力闘争に巻き込まれて逮捕される事態、さらには佐藤優さんも逮捕される。またわれわれと同じ行動をしてきた東郷和彦さんも外務省からパージされるということで、大きなこの日露関係に空白が生じてしまいました。

 あの当時、鈴木宗男は歯舞、色丹、2島先行返還だとか、2島ぽっきりの主張で国賊だと、よくメディアでたたかれたもんであります。私は4島を解決するにはどうしたらいいか、入り口で止めてはいけない、出口を見据えた場合、現実的な判断をしなくてはいけない、こう考えて私は動いたもんであります。

 ソ連共産主義時代は4島問題はないと主張するもんですから、日本は4島一括返還、その上に即時とまで付けたものです。しかし、そのソ連が崩壊して自由と民主のロシアになり、エリツィン大統領になってからは4島問題がある、未解決の地域である、これを話し合いで解決しよう、法と正義に基づいて両国で話し合っていきましょうとなってきました。日本政府もそのロシアの姿勢を評価して、このときから4島一括返還という表現はしなくなって4島の帰属の問題を解決して平和条約、4島の帰属が認められれば島の返還時期には差があってもいいですよ、柔軟に対応します、と政府の方針を変えたものであります。

 15年前、その2島先行返還だ、あるいは2島ぽっきりで終止符を打つとか、国賊扱いされた私でありますけども、あの当時、官房副長官であったのは今の安倍総理であります。当時の安倍副長官は記者会見等で、鈴木先生のやってきた日露関係は政府の方針であります、間違っておりませんと正しい認識を示してくれておりました。私は今の安倍総理は父上であった安倍晋太郎先生の、外務大臣の秘書官として、また秘書として仕えられ、さらに森総理のときの官房副長官でもありますから、しっかりと頭づくり、歴史の重み、あるいは積み重ねであるということを正しい認識を持っておられると、私は理解しております。

安倍総理の提案にプーチン大統領は必ず応えてくれる

 私は今年に入ってからも6回、安倍総理にお会いして必ず日露関係の話をさせていただいております。安倍総理は戦後71年たっても1つの島も解決していないこの現実、しかも元島民は平均年齢82歳、人生としてはそう時間は残っていない。人道的にも、そして歴史的にもこの北方領土問題、日露関係をダイナミックに動かしたいという、ほとばしる情熱と決意を私は会うたびに感じております。

 安倍総理は5月6日のソチでの首脳会談で8つの新たな政策を提示し、その提示した話は9月2日の首脳会談でも具体的に説明されたと聞いております。プーチン大統領の胸にも、この安倍総理の極めて真摯な考え方、あるいは裏付けのある話は胸にきちっと入ったと思っております。またこの5月の6日のとき、プーチン大統領は9月2日、ウラジオストックでの東方経済フォーラムに安倍総理を招待する発言をしたら、安倍総理は即座に、俺は行くよと答えられました。これも、プーチンさんには大変いい印象というか、安倍さんの人柄、これは信頼できるというふうに受け止めた、極めて良い判断だったと思っています。

 私はウラジオでの首脳会談で、安倍総理は新しいアプローチという表現をされました。私は戦後71年たっても4島の主権にこだわっていればこれは進まない。打開するためにはどうしたらいいかということを安倍総理は頭に一番、入れていると思います。プーチン大統領は一貫して1956年宣言、いわゆる平和条約締結のあとには歯舞群島と色丹島を日本に引き渡すと話されておられます。プーチン大統領はこの56年宣言は日本の国会も批准している、当時のソ連の最高会議も批准している。今のロシアの国会に当たりますね。いわゆる法的拘束力のある義務だとも、はっきり言ってくれております。私はこの領土問題の解決の、まず一番のスタートラインはこの1956年だと考えております。

 併せて東京宣言という言葉がよく使われましたが、私は今回ソチでの首脳会談後には外務省のブリーフでも東京宣言という言葉は入ってきておりません。東京宣言はご案内のとおり、4島の島の名前を挙げて、どちら、日本に帰属するかロシアに帰属するか話し合いましょうということになっております。これで議論すると、例えばロシアが4島取ったときは日本がゼロです、ロシアが3のときは日本は1です、ロシアが2のときは日本は2です、ロシアが1のときは日本は3です、ロシアがゼロのときは日本は4です。私はどちらかが100点、どちらかが零点という外交はないと思っております。

 安倍総理が1956年宣言をスタートラインとし、さらに日本に一番近づいた、このイルクーツク声明を変形した形での解決に向けて私は知恵を出していく、あるいはさまざまな角度から英知を結集して、この12月15日のプーチン大統領の訪日までに最高の判断をされるものだと信じております。

 私は15日から19日まで国後島と択捉島をビザなし訪問で行ってまいりました。択捉島は4年ぶりでしたが、4年前は1ミリの舗装道路もなかったんですが、今は内岡という中心部から空港まで、全てもう完全舗装になっておりました。プーチン大統領が進める、いわゆるクリル社会発展計画は着実に予算も付いて実行されているということ目の当たりにしました。私は世界一の応用技術を持っている日本が北方四島に進出して、島民の生活に大きな貢献をすることによって、島民の皆さん方の受け止めも変わってくると思います。島民の皆さん方も日本の進出を期待しております。私はこの4島での共同経済活動、1日も早く進めることがこの領土問題解決の、また一助になると思っています。

 プーチン大統領は最初の大統領を置いて2期目の登板のとき、自分のポケットマネーも出してストルイピンさんの銅像をつくりました。

通訳:(英語)ストルイ?

鈴木:ストルイピンです。ストルイピンという人の、元首相のですね。この方は帝政ロシア時代の首相で5年間やりました。プーチンさんはよく演説で、このストルイピンさんの演説を引用しております。それは、このストルイピンが言ったことは、ロシアの力の源は極東にあり。極東に人を住まわせることがロシアの力になるという演説であります。

 安倍総理が二度目の政権に返り咲いたとき、森元総理が安倍総理の特使として2月にプーチン大統領と会談をいたしました。森総理は会談の前に、そのストルイピンさんの銅像に献花をされました。私は森総理とプーチン大統領には、とってもいい人間関係がある。そして今、安倍、プーチン両首脳の関係も極めて良好だ。そしてプーチン大統領は80%の支持率があります。安倍総理は50%から60%の極めて高い、また支持を得ております。私は国境画定、領土問題の解決はトップの決断しかないと思っております。そういった意味で高い支持率を誇る、しかも18日の下院選挙では国会の4分の3の議席を獲得した統一ロシア、プーチン大統領の力、影響力は極めて重いものだと思っています。

 私は12月15日に向けて、その一月前の11月の19、20日にはAPECで、ペルーのリマで首脳会談もセットされておりますので必ず安倍総理は日本の総理として国益の観点から、北方領土問題はこのラインで進めていきたい、解決したい、ぜひとも大統領、ご理解いただきたいという大きな、私は決断をしてくれるし、なされるものだと信じております。

 安倍総理の提案にプーチン大統領は、私は必ず応えてくれるものだと思っております。私はプーチン大統領に対する印象は、4回ほど会った中で一貫して感じていることは、プーチン大統領は極めて人情家であるということです。私は日本の皆さん方に、特にまた国会議員の皆さん方に、大きな歴史の節目であります、今年は。それは1956年から60年という年でありますので、この戦後未解決の北方領土問題を両首脳の英知によって解決されるべく、大きな声援を安倍総理に、あるいはプーチン大統領に送っていただきたいものだと心からお願いをするものです。ご清聴ありがとうございました。

【連載】鈴木宗男・元衆議院議員の記者会見 全文2へ続く