もっと知りたい北方領土(3) 料亭やビリヤード場も 東洋一の捕鯨場

もっと知りたい北方領土(3) 料亭やビリヤード場も 東洋一の捕鯨場

江戸幕府が作成した「正保御国絵図」(内閣府北方対策本部ホームページより)

 終戦から71年経過しましたが、いまだに解決していないのが、不法占拠されたままとなっている北方領土の問題です。ことしは、平和条約締結後に歯舞群島、色丹島の引渡しを決めた1956年の「日ソ共同宣言」からちょうど60年の節目になりますが、まだ平和条約も、北方4島の返還も実現していません。そうした中、9月に行われた日露首脳会談で、12月にプーチン大統領の来日が決まり、領土交渉の進展が期待されています。

 あらためて、北方領土とはどんな場所なのか、どのような自然や産業があったのか。どのような生活を送っていたのか。そして、4島をめぐる今の人々の思いなどを、紹介していきます。

 第3回は、終戦までの北方4島の暮らしです。

江戸時代から始まった開拓の歴史

 北方領土開拓の歴史は、江戸時代の史料からみることができます。1635(寛永12)年、北海道を支配していた松前藩が蝦夷地方(北海道全島および千島・樺太を含む)の調査を実施。1644(正保元)年に幕府が作成した日本総図「正保御国絵図」には「くなしり、えとほろ、うるふ」などの島名が記載されています。

 その後、ロシア進出の動きが活発なことを察知した江戸幕府は、国防上、蝦夷地を直轄地で統治することとし、大規模な巡察隊を派遣。択捉島に「大日本恵登呂府」の標柱を建てました。また1799年から1800年にかけて郷村制を敷き、17ヵ所の漁場を開き、幕吏を常駐させて本格的な開発を進めました。

 明治維新以降、政府は蝦夷地を北海道と改称し、札幌に開拓使を設けました。1880(明治13)年には色丹、国後、択捉3島に村役場を設置。郵便局や駅逓(えきてい)、島と北海道を結ぶ定期航路も開設しました。もともと北方4島の海域は千島海流と対馬暖流が交錯し、古くから世界三大漁場のひとつと数えられていました。その豊富な水産資源にひかれ、本州から北海道への入植者たちも北方4島に移り住むようになっていきました。

富山から大勢が入植 コンブ漁でにぎわった歯舞群島

 北方領土の元島民らでつくる千島歯舞諸島居住者連盟(千島連盟)副理事長、河田弘登志さん(82)=根室市宝林町=は、明治の終わりごろ祖父の代に、歯舞群島のひとつ、多楽(たらく)島で生活を構えました。漁業が盛んな四島の中でも歯舞群島はコンブ漁が主体で、4月末から11月の収穫期には、出稼ぎの富山県出身者がたくさんやってきました。最初は冬になると帰っていましたが、だんだん定住する家族が増加。河田さんの祖父もその一人でした。

「島というと寂しい感じがするかもしれませんが、多楽は地形がコンブ漁に適していて、島の周囲はコンブを干せるように、家が切れ間なく等間隔に並んでいました」。河田さんは、活気あふれる少年時代の島の様子を振り返ります。わずか12平方キロメートルほどの島に、河田さんの記憶では1400人が暮らし、小学校には240人が通っていました。

 北方4島の夏は日の出が早く、大人は2時や3時に起きると漁に出て、夕方戻ってくると大量のコンブを浜辺に積み上げました。翌朝、むしろを外し、コンブを広げて干す作業は子供たちも手伝いました。「コンブは10〜15メートルの長さは普通で、倍ぐらいのサイズのものもありました。子供には広げるのも重労働でした」(河田さん)。太平洋戦争が始まる前まで、上質な多楽昆布は根室港から中国上海に向けて輸出されていた、と言います。

 戦時中、出征で若い働き手が減ったころからは、食用に適さないコンブから、火薬に使うヨードをとる作業に追われたことを覚えています。「『カリ増産』と言って、まだ学校に行かないような小さな子も家族総出で手伝いました。わたしも小学生だったので、朝の登校前はもちろん、走って学校から帰ってきて、コンブを干していました」。河田さんの心に残るのは、終戦までコンブでにぎわった島の日常です。

料亭やビリヤード場も 東洋一の捕鯨場で栄えた色丹島

 得能宏さん(82)=根室市光洋町、千島連盟援護問題等専門委員=も富山県黒部市出身、明治元年生まれの祖父が開拓した色丹島斜古丹で育ちました。斜古丹は、当時東洋一の捕鯨場があり、年間200頭の水揚げを誇ったといいます。クジラは、内臓から油や肥料をとる加工業も盛んでした。

 得能さんの祖父も、漁業と加工業で島屈指の存在でした。干しタラや海苔の加工品などを手がけ、フジコ(ナマコ)は中国にも出荷しました。家には、加工業に従事する出稼ぎ者が20人弱泊まれる宿泊所もあり、全員が食べるための大釜で炊かれたご飯のおこげでつくってもらったおにぎりをおやつにほおばっていました。

「斜古丹は商人と漁業で成り立っていて、役場、郵便局、警察のほかにも、商用で使う旅館や割烹料亭が4軒、ビリヤード場1軒あって、まさに色丹の中心、社交場だったよ」。

 漁の熱気に満ちた斜古丹の暮らしで、得能さんの脳裏に今も浮かぶのは、大漁旗をはためかせて島に船が帰ってくる景色です。船が沈みそうなくらいまでの釣果を知らせる3枚の大漁旗を掲げて戻ってくることもたびたびで、船を見つけたときには、高揚した気持ちで、走って学校から帰ったことが忘れられません。

現在は歯舞群島以外の3島にロシア人1万7千人居住

 ほかの島でも国後島古釜布のカニ缶詰工場など、北方4島は水産業が盛んでした。また、国後・択捉両島では、林業やサケ・マスのふ化事業、鉱業(硫黄・金・銀)、国後島では馬の畜産業も行われていました。終戦時、4島全体では3,124世帯、17,291人が暮らし、39校の国民学校などにおよそ3千人の児童が就学していました。

 戦後のソ連軍の不法占拠により、これらの人々は島を追われました。日本人は4島に暮らせない状況が続いていますが、今も歯舞群島は根室市に属し、そのほかの3島は根室振興局所属で、色丹島は色丹郡色丹村、国後島は国後郡泊村と同留夜別(るよべつ)村、択捉島は択捉郡留別(るべつ)村、紗那郡紗那(しゃな)村、蕊取郡蕊取(しべとろ)村となっています。

 一方で現在、ロシア側の行政区分では北方領土は「サハリン州」に属していて、歯舞群島、色丹島、国後島が「南クリル地区」、択捉島が「クリル地区」とされています。終戦当時の島民の数とほぼ同じ約1万7千人のロシア人が、色丹・国後・択捉3島に居住しています(歯舞群島は警備隊のみで一般住民は住んでいません)。