もっと知りたい北方領土(5)「今でも涙が…」過酷極めた樺太経由の引き揚げ

もっと知りたい北方領土(5)「今でも涙が…」過酷極めた樺太経由の引き揚げ

北方4島からの引き揚げの様子(千島歯舞諸島居住者連盟提供)

 終戦から71年経過しましたが、いまだに解決していないのが、不法占拠されたままとなっている北方領土の問題です。ことしは、平和条約締結後に歯舞群島、色丹島の引渡しを決めた1956年の「日ソ共同宣言」からちょうど60年の節目になりますが、まだ平和条約も、北方4島の返還も実現していません。そうした中、9月に行われた日露首脳会談で、12月にプーチン大統領の来日が決まり、領土交渉の進展が期待されています。

 あらためて、北方領土とはどんな場所なのか、どのような自然や産業があったのか。どのような生活を送っていたのか。そして、4島をめぐる今の人々の思いなどを、紹介していきます。

 第5回は、元島民が「最もつらい思い出」と話す樺太(サハリン)経由の日本引き揚げです。

「気付いたときは後の祭り」 荷物扱いで詰め込まれたソ連貨物船の針路

 1947(昭和22)年秋。終戦から2年あまり、ソ連兵やその家族らと色丹島斜古丹で混住生活を強いられていた得能宏さん(82)=根室市光洋町、千島歯舞居住者諸島連盟(千島連盟)援護問題等専門委員=たち島民は、突然「日本に帰らせるから、船に乗る準備をするように」という命令で島を追われました。

 準備時間もあまりなく、身の回りのものだけを持って乗り込んだ艀(はしけ)は、少し離れたところに用意されていた1万トンくらいのソ連製大型貨物船へ横付けされました。すると、船から、貨物運搬用の畚(もっこ)が降ろされました。その中に、女性も子供も荷物もまとめて詰め込まれ、網の周りに男性がぶらさがるような形で、ウインチで高々と10数メートル吊り上げられました。そして、あたかもすべてが貨物のように扱われ、甲板へと放り出されたのでした。

 貨物船は、4島を回り、船倉に入りきれなかった人は甲板で過ごしました。
「こんな大きな船は根室には入らないから、釧路に行くのかな」。
 最初は、大人たちがそんな話を交わしていたといいます。しかし船は、国後水道を通り、オホーツク海に出たことに気づきます。
「これは日本に行かない、と大騒ぎになったときには、もう後の祭りだった」。

劣悪な衛生状態でたくさん命を落とした貨物船内

 命の危険が伴う吹きさらしの甲板は言うに及ばず、ぎゅうぎゅう詰めの船倉は出入りすらままならず、じっと耐えるしかありませんでした。トイレもほとんどなく、劣悪な衛生状態。そこに容赦なく、悪天候による船の揺れも襲い掛かりました。

「稚内での大シケはひどかったよ。よく転覆しなかったと思う」。体の弱いお年寄りや子供たちが、貨物船の中で次々命を落としました。「あまりに大変で、どのくらい船に乗ったか、そのときの記憶は皆あいまいなんだ」。得能さんは振り返ります。およそ1週間かけ、船が到着した先は、北海道本島の最北端宗谷岬から40キロあまり離れた樺太にある真岡(ホルムスク)でした。

1日黒パン2枚 犠牲者が増えた樺太真岡抑留生活

 島民たちは、真岡の高台にあった小学校と女学校に分けて、収容されました。「女学校は2階建てで立派だったんだけど、小学校は古ぼけた平屋のひどい建物だった」。既に女学校はいっぱいで、得能さんたちは古い小学校の建物で暮らすことになりました。

 食事はみすぼらしいものでした。1日分として毎朝、黒パン2枚のみ。2、3日おきにお湯に塩を入れただけのスープが与えられます。だれもがひどい寒さと空腹で弱っているとき、塩蔵されただけの生ニシンの箱が届きました。「生では、どうやっても食べられるものじゃない。だから、最初はだれも口にしなかったんだけど、どうしても我慢できなくなって食べだす人が出たのさ」。この生ニシンを食べた後、食中毒などの病気が収容所に広まりました。医薬品もありません。ここでもお年寄りや子供たちが次々、肺炎、栄養失調、消化不良などの犠牲になりました。

「とにかくいっぱいの人が、本当にたくさんの人が死んだよ」。
得能さんが日本への引き揚げ船に乗ることができたのは、収容所で60日ほど過ごした後のことでした。

引き揚げ船で亡くなった娘を背負い続けた姉

 引き揚げ船で決して忘れることができないつらい思い出があります。当時20代前半だった得能さんの姉は、2歳の娘を背負って船に乗りました。函館到着まで4、5日かかったように記憶します。その船内で、姉は背負った娘をおろすことはありませんでした。

 無事函館に着いて、姉は初めて、実は幼い娘が、船内で息を引き取っていたことを明かします。「船で亡くなった人は、そのまま海に流して処分されていたよ。だから姉は、まるで生きているかのようにおんぶし続けていたんだ」。娘は上陸後、火葬し、埋葬されました。

「今でもあのときのことを思い出すと涙が出て、声が詰まってしまう」。語り部となり、全国で体験談を話す得能さんは「こんな悲しいこと、こんなつらかったことはない」と樺太経由命がけの引き揚げの様子を「だれかが話をしないといけない」、必死の思いで伝え続けています。

「きっと来年になればソ連軍はいなくなる」 願いかなわなかった両親

 終戦時、北方4島には約1万7千人が暮らしていました。半数が自力で脱出、残った半数が1947、1948年にかけて強制退去させられ、樺太の抑留生活後、函館港に送還されました。しかし、どのくらいの人が移送される貨物船内や真岡の収容所で命を落としたのかは明らかになっていません。

 歯舞群島のひとつ、多楽島で暮らしていた河田弘登志さん(82)=千島連盟副理事長、根室市宝林町=は、終戦後、占拠したソ連兵の配慮で、学校へ行くために、弟と2人だけで、根室からの迎えに来た親戚と一緒に島を離れました。しかし、それっきり、多楽島に住む家族とは音信不通になってしまいました。寂しくなると浜に行って、家族が住む多楽島の方を見つめる日々が2年続きました。

 そして1947(昭和22)年冬、なんの連絡もなく、根室の河田さんたちの前に現れた母親らの姿に言葉を失いました。「着の身着のまま、裸一貫というのはまさにあのことを言うんでしょうね」。到着した函館港で全身シラミ除去のDDTを真っ白になるまで散布された河田さんの家族は、「どろどろの姿」で、冬にもかかわらず、外で全身水洗いしないと家には入れない状態だったといいます。

 家族の話では、その3カ月前の9月ごろ、島に残っていた馬を取りに来たソ連船に、わずか1、2時間で準備し、多楽島を退去するように命令されました。移送の貨物船では、船倉にもう入ることが出来ず、甲板で過ごすことになり、見上げていた夜空の星の位置で「根室に行くのではない」と気づいたといいます。それから3カ月間、真岡の収容所では、与えられた畳2枚に家族6人で過ごし、横になって眠ることも出来ませんでした。

「きっと来年になれば、ソ連軍がいなくなる」。
 それから河田さんの一家は歯舞群島の近くの根室で、毎日島を見つめながら、暮らしました。1994(平成6)年に父親が83歳で、2001(平成13)年に母親も88歳で永眠しました。そして終戦から71年たった今も、島に戻るという願いは、まだかなっていません。