もっと知りたい北方領土(6) 4島訪問 半世紀以上かけて叶った島の卒業式

もっと知りたい北方領土(6) 4島訪問 半世紀以上かけて叶った島の卒業式

4島訪問でかつて日本人が住んでいた跡が多数見つかる・千島開発木工所跡(択捉島)=内閣府北方対策本部提供

 終戦から71年経過しましたが、いまだに解決していないのが、不法占拠されたままとなっている北方領土の問題です。ことしは、平和条約締結後に歯舞群島、色丹島の引渡しを決めた1956年の「日ソ共同宣言」からちょうど60年の節目になりますが、まだ平和条約も、北方4島の返還も実現していません。そうした中、9月に行われた日露首脳会談で、12月にプーチン大統領の来日が決まり、領土交渉の進展が期待されています。

 あらためて、北方領土とはどんな場所なのか、どのような自然や産業があったのか。どのような生活を送っていたのか。そして、4島をめぐる今の人々の思いなどを、紹介していきます。

 第6回は、引き揚げ後に待ち受けていた苦難と、墓参りなどによる島への訪問事業です。

「食べることで必死」 引き揚げ後も続いた苦難

 1947(昭和22)年から翌48(同23年)にかけて、強制的に送られた樺太(サハリン)での過酷な抑留生活からやっとの思いで戻ってきた北方4島の元島民たちですが、苦難の日々はまだまだ続きました。

 多くの引揚者が、島に帰ることを望み、根室で生活を始めました。しかし1945(昭和20)年7月の北海道大空襲で、根室の多くは焼け野原になっていました。戦災から復興途中の根室で元島民に差し伸べられる手はなく、着る物も、住むところもありません。もちろん島の生活では欠かせなかった船もなく、途方に暮れている間すらない状況でした。

「とにかく食べることで必死。自給自足で、農家に物々交換でデンプンカスをもらったりしました」。

 歯舞群島・多楽島出身、河田弘登志さん(82)=千島歯舞居住者諸島連盟(千島連盟)副理事長、根室市宝林町=は、冬になると周りが凍りつく小屋での暮らしを思い出します。なんとか、生活できるようになった、そう思えるまで10年以上はかかったといいます。

墓参など島民らを対象に行われている訪問事業

 どうにか島を訪ねたい。
 北方4島を訪問するため、国が支援している事業があります。

 「先祖の墓をお参りしたい」という切なる願いに沿うため、1964(昭和39)年から、始まったのが「北方領土墓参」です。人道的見地からソ連政府と国が10年余り折衝を続け、「旅券・査証なし、身分証明書により入域する」方式で北海道が主体となり、実施。ソ連側が事業を了承しなかったことや、旅券の携行、査証取得を要求してきたことなどから、68(昭和43)年度、71〜73(同46〜48)年度、76〜85(同51〜60)年度には一時中断もありました。86(同61)年以降は毎年継続。2015年度までに、延べ4405人が参加しました。

 1992(平成4)年には、日本国民と4島で暮らすロシア人との間の旅券・査証なしによる相互訪問「四島交流(ビザなし交流)」が始まりました(北方領土問題対策協会と北方四島交流北海道推進委員会が実施主体)。訪問対象者は条件があり、元島民やその子孫・配偶者のほか、北方領土返還要求運動関係者、報道関係者と、98(平成10)年からは訪問の目的に資する活動を行う学術・文化・社会等の専門家が追加されています。

 この事業で4島を訪れたのは、2015年までに延べ12439人になりました。一方、4島在住のロシア人訪問者数は延べ8859人で、北海道のほか、全国各都市を訪ねています。地道な交流や意見交換などを通じ、4島在住のロシア人との間で相互理解を深め、信頼感などの好意的な感情を醸成することが目的です。

 1999(平成11)年9月からは、元島民並びに配偶者とその子を対象に、旅券・査証なしで、かつての故郷を訪問することができる「自由訪問」が行われています(千島連盟が実施主体)。参加者は、訪問地に近い浜から上陸し、かつての居住地等を散策。2015年までに計76回、延べ3810人が参加しました。
(訪問実績の数値は内閣府北方対策本部ホームページ・同本部作成パンフレット「平成28年度北方対策〜北方領土の返還実現にむけて〜」参照)

57年ぶりの多楽島の自宅跡 侵食が進んだ島

 河田さんもこれらの事業で4島を訪問。2002(平成14)年には多楽島を離れてから初めて、57年ぶりに自宅跡を訪ねました。歯舞群島は現在、居住者はゼロで、ロシアの警備隊のみがいるとされています。「浜も家が建っていたところも、ずいぶん侵食されていて驚きました」。数年後に再び訪れたときにはさらに岸の侵食が進んでいたように感じています。「われわれが訪ねるときしか、警備していないんじゃないかな」。

 手が入れられないため、かつての面影を失ったところはほかにも多数あるといいます。「ほとんどは草が生え、歩く道もなく、排水もされていない。自宅のあったところやお墓も遠くから見るのみ、という人が多かったです」。加えて深刻なのは、当時を記憶する元居住者の平均年齢は81歳、高齢化が進んでいることです(2016年3月31日現在・千島連盟まとめ)。「最近は2世や3世の訪問が多くて、80代後半や90歳になった元島民は行きたくても行けないのです」。残念そうに話します。

ロシアの住民も参加 色丹国民学校「卒業式」

 色丹島斜古丹で2年あまりの混住生活を強いられた得能宏さん(82)=根室市光洋町、千島連盟援護問題等専門委員=は、2001(平成13)年の自由訪問の機会に、失われたときを取り戻そうと考えました。

 色丹島の元島民でつくる色丹会会長だった得能さんは、戦後の島の混乱や強制退去で卒業できなかった5人のための卒業式を執り行うことにしたのです。当時の女性教師に臨時校長役のため来てもらい、色丹国民学校の同窓生およそ45人、ロシア側からも2、30人が出席しました。「『蛍の光』や『仰げば尊し』はロシア人も知っていて、みんなで歌いました」。そのときは学芸会、運動会も企画。持参していったスプーン競技は、ロシア住民と対抗戦をして交流を深めました。

「ロシアもよく許してくれたと思うよ」。
2年後の訪問では、にぎやかだった色丹島の秋祭りを再現。東洋一の捕鯨場があった斜古丹神社はシロナマスクジラのあご骨を鳥居にしていました。もう神社は残っていませんが、斜古丹に20本ほどの祭りののぼりを立てて、当時を懐かしみました。

 得能さんは、必ずロシアの住民に「色丹で生まれた」とロシア語で話しかけることにしています。そうすると、はっとした顔になり、「自分たちは色丹で生まれ、もう40年、50年暮らしている」と返されるといいます。「そのとき、はっきりとロシア人に言うんだ。ぼくの祖父は120年前からここにいた、って」。

山口県の首脳会談は「最後のチャンス」

 12月のプーチン大統領訪日が決まり、安倍首相の地元・山口県で日露首脳会談が予定されています。

「今度は、少しは、よくなるんじゃないか。そう期待しないと、(千島連盟などの)活動を続けてこられない」。河田さんは言います。日ソ共同宣言からも60年。既に、元島民2世の中にも70歳になった人もいます。河田さんは続けます。
「北方領土は国の尊厳の問題なんです」。

 得能さんは「今回の来日は最後のチャンス。少しでも前進することを願っている」と語ります。「今、第一歩を踏み出さないと。100年後、われわれの末裔の未来を変えるための道を切り拓いてほしい。そして必ず未来につながる道を残してほしい」。

 進展を祈りながら……。注目の会談は12月15日です。