辺野古 違法確認訴訟 16日午後判決

辺野古 違法確認訴訟 16日午後判決

埋め立て本体工事に着手した米軍キャンプ・シュワブと大浦湾=2015年10月29日午後1時すぎ、名護市辺野古上空

 翁長雄志知事による名護市辺野古の埋め立て承認取り消しを巡り、国が県を相手に起こした不作為の違法確認訴訟の判決が16日午後2時、福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)で言い渡される。辺野古新基地建設に関する初めての司法判断で、新基地建設問題の今後を左右するのは必至。

 敗訴した側の上告は確実視され、最高裁での確定判決は年末から年明けごろの見込み。

 判決言い渡し後に裁判所前で報告集会が開かれる。

関連記事(外部サイト)