違法確認・県敗訴 米「辺野古が唯一」 移設推進の重要性強調

違法確認・県敗訴 米「辺野古が唯一」 移設推進の重要性強調

敗訴の判決を受け、辺野古移設推進を強調する米国務省のカービー報道官=16日、ワシントンの米国務省

 【ワシントン=問山栄恵本紙特派員】名護市辺野古の埋め立て承認取り消しを巡る不作為の違法確認訴訟で県が敗訴したことを受け、米国務省のカービー報道官は16日の会見で「普天間の代替施設が重要だというわれわれの立場は変わっていない。これが正しい決定であることをまだ信じている」と述べ、米政府として辺野古移設を推進する方針を強調した。

 同時に「移設推進の重要性について、外交、防衛の見地から、日本の当局者と常に連絡を取り合っている」と述べ、判決内容について、日米両国当局者が話し合ったことを示唆した。

 米国防総省は琉球新報に対し、運用面、政治面、財政面、前方配備の海兵隊の運用、普天間の継続使用回避の点から「(辺野古への)普天間の代替施設建設は唯一の解決策だ」と従来の見解を繰り返した。

 海兵隊トップのネラー海兵隊総司令官は15日の米議会上院軍事委員会で、辺野古に関する沖縄問題があるとした上で「われわれは監視し続ける」と述べた。

関連記事(外部サイト)