稲田防衛相初来県 「負担軽減を実現」 辺野古は言及せず

稲田防衛相初来県 「負担軽減を実現」 辺野古は言及せず

中部市町村会であいさつする稲田朋美防衛相=23日午後、那覇市のロワジールホテル那覇

 稲田朋美防衛相は23日、就任後に初めて来県し、基地所在の中部市町村長らと意見交換した。普天間飛行場移設について、首長らへのあいさつの中で「抑止力の維持を図りつつ、沖縄をはじめ地元の負担軽減を実現するよう指示を受けている。普天間飛行場を含む嘉手納以南の土地の返還を進めていきたい」と述べた。移設先とする名護市辺野古に関する言及はなかった。ハリアー本島東沖墜落について、稲田防衛相は24日、在日米軍副司令官に事件の再発防止などを申し入れる。

 米軍普天間飛行場を抱える佐喜真淳宜野湾市長は「あらゆる方策を講じ、街の真ん中にある普天間飛行場を早期返還し、危険性の除去や基地負担軽減などを目に見える形でやってほしい」と要望した。
 ハリアー本島沖墜落を受けて、嘉手納町と沖縄市、北谷町でつくる「嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会」会長の野国昌春北谷町長は(1)事故原因の早急な究明と公表までの飛行停止(2)具体的な再発防止策の策定と公表(3)住宅地上空での飛行停止−の3点を求めた。

 このほか、環境補足協定により米軍基地に関係する道路工事や河川改修工事が遅れていることの改善を求める要望が複数の首長から上がった。

 出席した市町村長によると、防衛省側は「関係省庁と詰めて、支障ないようにしていきたい」と回答した。

関連記事(外部サイト)