金城那覇市議会議長が辞任表明 10月5日付「議会空転の責任」

金城那覇市議会議長が辞任表明 10月5日付「議会空転の責任」

辞任を表明した金城徹那覇市議会議長(左から3人目)=26日、那覇市議会

 那覇市議会の金城徹議長が26日、議長職の辞任を表明した。10月5日付で辞任する。各会派の代表者会議で金城議長本人が発表した。9月定例会は会期を1日延長して7日までとし、26日には代表質問を再開した。 金城議長は辞任の理由について「議会が空転することは市民にとって不利益だ。道義的責任は議長にある」と説明した。一方、これまで議長に辞職を求めてきた議員らが不信任の理由として掲げてきた、文化財課の不祥事の報告遅れなどの6項目については「道理が通らない」との認識を改めて示した。

 金城議長は、自民・公明両会派や、オール沖縄を支える立場の新風会を離脱した議員や民進党の議員などでつくる「なはの翼」無所属G、無所属の会の議員らから「議事運営が公平性に欠ける」などとして、辞職を求める決議が提出され、4度可決されていた。

 一方、「辞任する理由に値しない」などとして、金城議長が決議に応じてこなかったため、反議長派の議員らが9月定例会の代表質問などに出席せず、議会の混乱が続いていた。
【琉球新報電子版】

関連記事(外部サイト)