防衛省がオスプレイ飛行再開を容認、岩国基地などで飛行確認

 オスプレイの飛行再開を防衛省が容認しました。
 映像は11日午後2時ごろ、アメリカ軍岩国基地で給油した後、飛び立つ輸送機オスプレイです。岩国基地では4機が確認されていて、この後北海道で行われている日米共同訓練に参加するため、青森の三沢基地に向かったものとみられます。

 オスプレイは5日、オーストラリア沖で墜落事故を起こしました。防衛省によりますと、事故を受けて行われたアメリカ軍の調査では、安全な飛行を妨げるような機械的、構造的な欠陥はなかったということで、防衛省は11日未明、オスプレイの飛行再開を容認することを明らかにしました。(11日15:51)