捨てるも地獄、残すも地獄の“アベノマスク” 岸田首相の本音は「捨ててしまいたい」!?【官邸キャップ解説】

捨てるも地獄、残すも地獄の“アベノマスク” 岸田首相の本音は「捨ててしまいたい」!?【官邸キャップ解説】

捨てるも地獄、残すも地獄の“アベノマスク” 岸田首相の本音は「捨ててしまいたい」!?【官邸キャップ解説】

■「いつまで8000万枚のマスクを保管し続けるんだ!」

臨時国会も残りわずか。この国会ではにわかに“アベノマスク”論争が再燃した。すっかり言葉が定着してしまったが、安倍元総理が去年の4月、緊急のコロナ対策として、すべての家庭に「1世帯2枚」を配布したあの布マスクのことだ。

「いつ在庫がはけるのかわからないのに在庫を抱え続けるのか?」

予算委員会で立憲民主党の代表代行、逢坂誠二氏は舌鋒鋭く、後藤厚労大臣に迫った。

「有効活用として希望する自治体に配布するほか、災害備蓄、地域住民への配布などで活用していく」−。

ばつが悪そうな後藤大臣はあくまでも今後も有効に活用していく方針を示した。

現在“アベノマスク”は都内の大手物流会社の倉庫に8000万枚以上が眠っている。当時1枚およそ140円という調達コストなので金額にしてざっと112億円分。去年、政府は全世帯向け、介護や妊婦向けなど総計2億8741万枚、総額およそ400億円で調達した(さらに発送に100億円)。

しかしながら、各家庭に届いた頃には、街にマスクが徐々に出回り始め、しかも布マスクが不織布マスクに比べ予防効果が薄いということも指摘されるなど、“アベノマスク”をつけている人は街でも、職場でも、ほぼ皆無といってよかった。そうこうして忘れた頃に、会計検査院が衝撃的な報告を発表した。

■「保管料6億円の衝撃」

“アベノマスク”が再燃したのは、会計検査院の「今年の3月時点で8272万枚の在庫、保管費用に6億円」という内容を発表してからだ。ある野党議員も「保管だけに6億あれはやっぱり衝撃だったね、追及するにはわかりやすい」と解説する。使いもしないマスクに破格の保管料、しかもこの金額はあくまで去年8月から今年の3月までの8ヶ月の期間の値段であり、年間にすると10億を越える額だ。

どうすれば8000万枚のマスクを有効活用できるというのか?

実はいまも政府は、介護施設などに、送料を国が負担する形で“アベノマスク”を無料で配っている。ところが、あまり効果はないようで、10月でマスクを希望したのは37施設。月によってばらつきはあるが、月々せいぜい数十の施設しか手を上げないという。この調子ではまったく在庫ははけないだろう…。

■「あの頃はみんな必死だったんですよ…」

少し当時のことを振り返る。

去年の春、新型コロナの感染者が日に日に増えるにつれ、街からマスクが消えた。誰かがコロナに効くというと、何でも飛びついた(うがい薬とか…)頃だ。

去年3月、感染者数が当時全国最多だった北海道の一部の自治体を対象に使い捨てマスクを全世帯に配布したことがあった。「官邸にはあれが成功体験と映ったんです」と厚生労働省の役人はいう。

そして4月、官邸のトップダウンですべての家庭に「1世帯2枚」の布マスクの配布が決定する。菅官房長官(当時)は会見で「北海道での経験をいかして速やかに配布ができる」と胸を張った。厚労省医政局に、厚労、経産、総務省合同チームとなる「マスク等物資対策班」(マスク班)が発足し、調達、配分調整、不要品対応などを担った。

マスク班のサポートに駆り出されていた厚労省の若手官僚に当時のことを聞いた。

「全世帯にまくって聞いたときはバカだなあと思いましたよ。コストパフォーマンス悪いでしょ。それでも官邸からの号令ですから、あの頃はみんな必死でしたよ。マスク不足のピークに配布されていれば感謝されていたでしょうね。届いた頃には普通に手に入りましたから。タイミング悪かったですね」

厚労省は27件の随意契約で早急に布マスクを調達したが、配布後も不良品やシミ、髪の毛や虫の混入などのトラブルに追われた。しかし結果、ほとんど使われることはなく、在庫の山になった。そのことについて現場で当時必死に働いた役人は今どう思っているのか…。

「後生、負の遺産といわれるんでしょうね。典型的な失敗例というか…今となってはいい思い出です。そんなに掘り返さないでください」

こう苦笑した。

■苦肉の策「アベノマスク、希望者に配布します!」

そして12月15日。

「希望する個人の方への国から配布をすることなどの取り組みを進めることとしている」

松野官房長官は、自治体だけではなく希望する個人への配布も行うと表明した。まさに苦肉の策。募集方法などはこれからだということ。しかも政府関係者によると、外務省は海外にも、引き取り手がいないか探しているという…。それほど今、引き取り手がなくて困っているようだ。

介護施設のように個人にも配送料を国が負担するなら、それも税金。保管するにも年間10億円。いっそ廃棄という選択肢はないのだろうか?

厚労大臣経験者に聞いてみると、「さすがに廃棄はまずいだろ、それはそれで批判される。災害用に備蓄するしかないよ」。

前述の厚労官僚はというと、「使えるモノがある中で国有財産を破棄するとなるとまた会計検査院に怒られますよ」。

年間10億使っていつ使うか分からないマスクを“塩漬け”にするしかないというのか。

■総理の本音は…捨ててしまいたい!?

国会で「マスクをこのまま高額の保管料を払って抱え込むのか」と野党から追及を受けた岸田総理。

「まずは有効活用の道を探りたい。その上で費用対効果の点から何か道がないのか検討させたいと思います」

「費用対効果の点から」と答えた岸田総理だったが果たして本音はどうなのか。

総理周辺の話を聞くと、「総理はもう捨てていいと思っていますよ」という。それでもなんとか厚労省側は有効活用できないか必死で粘っていると状態だと解説する。

11月の記者会見でも「これまでの新型コロナ対応を徹底的に検証する」と語った総理にとって“アベノマスク”は失敗例だと思っているのかもしれない。しかし“アベノマスク”をすべて廃棄してしまっては、露骨に安倍政権の失策と断じてしまうことになるため、岸田総理にとっては難しい選択だろう。

捨てるも地獄、残すも地獄のアベノマスク。さてその行方は…。

TBSテレビ報道局政治部 官邸キャップ

室井祐作(18日19:00)