「深夜国会」衆議院職員775人の残業代やタクシー代が約1600万円に

記事まとめ

  • 臨時国会で改正入管難民法をめぐり与野党議員の小競り合いや内閣不信任案の提出の動き
  • 法案の成立が日をまたぎ明け方近くとなったため、残業した衆院職員は775人にのぼった
  • 超過勤務手当や帰宅タクシー代はおよそ1600万円にのぼり、日本維新の会が批判した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております