日米電話会談、トランプ氏謝意

日米電話会談、トランプ氏謝意

日米電話会談、トランプ氏謝意

 安倍総理は14日夜、アメリカのトランプ大統領と電話で会談し、イラン訪問の内容について報告しました。また、ホルムズ海峡で起きたタンカー攻撃も議題になったということです。

 「私のイラン訪問・働きかけに対して謝意の表明がございました。今後ともトランプ大統領と米国と緊密に連携をしていく考え」(安倍首相)

 安倍総理は電話会談で、イランの最高指導者・ハメネイ師らとの会談結果について報告し、トランプ大統領から感謝の言葉が伝えられたと明らかにしました。イランとアメリカとの対立が続くなか、「緊張緩和に向けた道のりは大変な困難が伴う」としたうえで、今後も中東地域の平和と安定に向け、国際社会と緊密に連携していく考えを示しました。

 また、会談ではホルムズ海峡でタンカーが攻撃された問題についても話し合われ、安倍総理は「船舶を危険にさらす行動に対して断固非難する」と強調する一方で、アメリカがイランの関与を指摘するなか、何者から攻撃されたかについては言及しませんでした。(15日01:19)