公明・山口代表、東京パラ「観客入れて実現を」

公明・山口代表、東京パラ「観客入れて実現を」

山口代表

 公明党の山口代表は18日、金沢市で講演し、8月24日開幕の東京パラリンピックは有観客での開催を目指すべきだとの考えを示した。

 山口氏は1964年に東京でパラリンピックの名称が初めて使われた歴史に触れ、「観客を入れて、選手を励ますようなあり方を実現できればいい」と述べた。

関連記事(外部サイト)