モデルナ製5000万回分、来年初頭にも追加提供…厚労相が契約締結を発表

 田村厚生労働相は20日、米モデルナ製の新型コロナワクチン計5000万回分を、早ければ来年初頭にも追加で提供を受ける契約を同社、武田薬品工業と締結したと発表した。政府はこれまでワクチンの来年の供給見通しに関し、モデルナ社と米ノババックス社から計2億回分を購入する方向で協議を進めているとしていた。

 田村氏はモデルナ社が開発中の変異株にも有効なワクチンについて、「(今回の契約では)開発が成功した場合、供給を受けることも可能となっている」と説明した。

関連記事(外部サイト)