立民代表選4氏、「共産と共闘」見直しに言及…候補者1本化は間違っていなかったとの認識も

立民代表選4氏、「共産と共闘」見直しに言及…候補者1本化は間違っていなかったとの認識も

公開討論会の冒頭、記念撮影に臨む(左から)逢坂、小川、泉、西村の各氏(22日午後、東京都千代田区で)=須藤菜々子撮影

 立憲民主党代表選(30日投開票)に立候補した逢坂誠二・元総務政務官(62)、小川淳也・元総務政務官(50)、泉健太政調会長(47)、西村智奈美・元厚生労働副大臣(54)は22日、東京・内幸町の日本記者クラブで公開討論会に臨んだ。4氏とも共産党との共闘見直しの可能性に言及し、憲法改正の議論にも応じる考えを表明した。

 討論会では共産との共闘について、4氏全員が衆院選での候補者一本化は間違っていなかったとする一方、見直すべき点があるとの認識でも一致した。

 その上で、泉氏は「野党政権や政権交代という発信は国民が求めるメッセージだったのか」と述べ、立民が政権を取った場合に共産が「限定的な閣外からの協力」をするとした両党合意の見直しを示唆した。逢坂氏も「限定的な閣外からの協力で合意したことは事実として残っているが、次の選挙に向けては、もう一度話し合いがスタートする」と述べ、仕切り直しの必要性に言及した。

 西村氏は「基本政策が異なっていることを踏まえ、地域の事情に応じて丁寧に(話し合いを)進める必要がある」、小川氏は「共闘を深化させるなら、政策の議論や国民的な理解が必要だ」と述べた。

 憲法改正については、4氏がいずれも議論自体には前向きな考えを示した。

 泉氏は「国民のニーズがある憲法論議をしていかなければならない」と主張した。小川氏は「現実の課題として憲法論議には積極的に応じていきたい」と明言した。逢坂氏は「落ち着いて丁寧に静かな議論を行うのは大歓迎だ」と語り、西村氏は「憲法に関する議論はしたい」とした。

 ただ、4氏とも「憲法改正が自己目的化するのはおかしい」(泉氏)などとして、早期に議論を開始したい与党側をけん制した。

関連記事(外部サイト)