追加歳出30兆円超、安倍氏「経済を成長させる国の意志示した」…派閥会合に出席

 安倍元首相は25日、自民党安倍派の在京議員懇談会に会長就任後、初めて出席した。安倍氏は政府が26日にも閣議決定する今年度の補正予算案による追加歳出が30兆円を超える見通しとなっていることに触れ、「雇用を守り、経済を成長させるという国の意志を示した」と評価した。

 懇談会では、下村博文・前政調会長を新たに安倍派の会長代理に充てるなど新体制の人事を決めた。最大派閥の同派には、先の衆院選で初当選した塩崎彰久、鈴木英敬両衆院議員が25日付で入会し、所属議員は95人となった。

関連記事(外部サイト)