復帰50年参院決議 きょう採決見送り

 自民党の岡田直樹、立憲民主党の難波奨二両参院国会対策委員長は12日、国会内で会談し、沖縄が15日に日本復帰50年を迎えるのに合わせた決議について、予定していた13日の参院本会議での採決を見送ることを決めた。

 決議は沖縄振興への決意を示し、基地負担軽減に努めるよう政府に要請する内容。自民党が「日米地位協定の見直しの検討」に向けた努力を求めた記述について、難色を示し、折り合いがつかなかった。 

関連記事(外部サイト)