沖縄県議会、将来の展望まとめた意見書と決議…政府に普天間早期返還など求める

 沖縄県議会は13日、今月15日の本土復帰50年に合わせ、沖縄のあるべき姿や将来の展望をまとめた意見書と決議を全会一致で可決した。岸田首相ら宛ての意見書では、全国の米軍専用施設の約7割が沖縄に集中する現状を踏まえ、「真に平和で豊かな県民生活の実現は達成されていない」と指摘。政府に対し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の早期返還や日米地位協定の抜本的な改定などを求めた。

関連記事(外部サイト)