首相は基地負担軽減を強調、玉城知事「国民全体で共有を」…沖縄復帰50年式典

首相は基地負担軽減を強調、玉城知事「国民全体で共有を」…沖縄復帰50年式典

天皇陛下がオンラインで参加し、お言葉を述べられた沖縄復帰50周年記念式典(15日、沖縄県宜野湾市で)

 沖縄は15日、1972年の本土復帰から50年を迎え、東京と沖縄の2会場を同時中継して記念式典が開かれた。政府主催の式典が2会場で行われるのは復帰当日以来で、沖縄県も共催した。天皇、皇后両陛下はオンラインで出席された。

 会場は同県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターと東京・高輪のホテル。沖縄会場では岸田首相や玉城デニー知事、市町村長ら、東京会場では衆参両院議長らが参列した。

 復帰から半世紀を経た今も、沖縄には在日米軍専用施設の7割が集中している。首相は「大きな負担を担っていただいていることを重く受け止め、基地負担軽減の目に見える成果を着実に積み上げていく」と強調。玉城氏は過重な基地負担を念頭に、「国民全体の認識の共有を図ってほしい」と政府に求めた。

 天皇陛下は「これまでの人々の思いと努力が確実に受け継がれ、豊かな未来が沖縄に築かれることを心から願っています」と述べられた。

関連記事(外部サイト)